『サウンドボード2互換ボードを取り付けてみました! 88FE編』

88FE無敵化計画発動!!

と格好をつけましたが、なんて事はない私のPC-8801FE(以下FE)をレベルアップするのだ!という思いっきり私情が入った計画が発動します。
自分のFEもしくはFE2を無敵にしたい!」と思っている人は全国に5人くらいはいると信じているので計画はもちろん実行されます。

FEもしくはFE2とはどんなマシンなの?

FE/FE2はご存知の通り小型コンパクトでありながら、88のゲームを気軽に楽しめる機種であることは、明白な機種ですよね?
しかも価格はシリーズを通して最安値の定価(119,000円)となっております。本体の厚さも88シリーズの中では初代8801に迫る薄さなのです
でもPC-8801FEの発売は1988年ですし(FE2が1989年)登場から早くも30年以上も経過している機種なのです。ですからお持ちの方は大切にしましょうね


<高さ比較>FEは8.5cm/初代88は9cm/FHは10.5cm

他のアピールポイントとしてはビデオ出力機能を持っていましたので、高額なディスプレイを買ってもらえず、家庭用テレビ派には心強い味方でしたね?
映像はボケボケでしたが・・・

つまりFEシリーズは今となっては手軽なマイコンと言えるでしょう。

OPNAこそ88の醍醐味!?

しかしながら、そんなFEにも大きな欠点があるのです。それはそのままだとOPNAが鳴らないのです!専用の音源ボードが必要ということです。
ゲームソフトのパッケージに”サウンドボード2対応”と記載があると、奥歯を噛み締めて悔しがっている人がいたのを知っております・・・。
OPNA対応88ゲームサウンドを味わいたければMAもしくはMA2を買えということですか!と当時不満を持った人も多いのでは?

そんなに聴きたいのであれば、音源ボード(FE/FE2用の純正SB2/PC-8801-25)を買えば良いとは思います。ですが当時としてもお値段が高く(39,800円ほど
手が出ないユーザーも多かったはずです。また、今となってはもはや伝説級のボードといえるでしょう。

ユーザーの救世主のアイテム登場‼

そして本題のFE/FE2を最強にするアイテムが登場です!
このアイテムのおかげでFEシリーズが時を超え”無敵”になったと思われます!

さあ、さっそくそのアイテムを私の愛機に取り付けてみたいと思います。(こらこら)


まずはこのビスを外します・・・反対側ももちろん外しましょう。


後部の小さなビスも外します。少し小さなビスなので無くさないでね


蓋を後部にずらして開けました❗️パンパカパーンparty0012.gif


見えてきたのはこの部分!(中央のコネクター(メス)な〜んにも刺さっていませんね!


ここにSB2互換ボードを差し込むのです!さあ早く!

※もちろん電源は外しておきます。だって壊したくないもんねっ。
静電気も怖いのでしっかりとアーシングしてありますです!


ゆーっくり真上からこの角度で差し込みます。そ〜っとね

取り付け成功!

たったこれだけの作業でFEが無敵になりました!
さっそくテストをしますね。対応ゲームでプレイしてみます。


残念ながら先日亡くなられた”すぎやまこういち”先生の名ソフト『FORMULA』にて確認します。
このソフトのサンプルディスクに「ジーザス」や「ドラゴンクエスト」の曲データが収録されているのです。早速ロードロードっと。
また、サウンドボード2(OPNA)の機能、AD-PCM(サンプリング音源)のデータも収録しているのでさっそく聴いてみましょう。

・・・・・・・♪♪♪♪♪♪・・・・・・・
いや〜最高のサウンドです♪しびれますね。

動画で確認してみてください。

ぜひ皆様もご自分の耳でその素晴らしさを味わって下さい。

そしてお約束「ヴァリスⅡ」のPCM再生でセリフの確認です。しっかりしゃべります。

やった〜「優子!優子!」この後、いっぱい遊びました!


そんなサウンドボード2互換ボードをぜひ取り付けてみたい方はこちらからどうぞ!!

すぐに取り付けたい方はこちらからどうぞ!

はんだ付けには自信があるぜ!という方はキット販売も行なっております。

まずは予約をしてみてください!絶対に満足するはずです!

(RF丸山)

よろしければシェアお願いします!

PAGE TOP