ファミリーコンピュータ『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』

カケフくんのジャンプ天国スピード地獄
買取価格13,000円
メーカービック東海
対応機種ファミリーコンピュータ
メディアカセットROM

※買取価格は、在庫状況、商品の状態などにより変動する可能性がございます。

買取のご依頼はこちら

アイテム情報

「カケフくんのジャンプ天国スピード地獄」は、1988年7月22日にビック東海から発売されたファミリーコンピュータ用横スクロールアクションゲームです。

主人公は、当時テレビで活躍した人気子役の“カケフくん”をモデルにしています。
病気を患ったポコニョッコリ王国の王様を救うため、カケフくんが冒険に出ます。
王様を救うには、3日以内(ゲーム内時間で3時間)に7つの薬草を集める必要があります。

本作の特徴はスピード感です。カケフくんの走る速度に応じてジャンプの飛距離や高度が変化し、それを利用することでステージを早くクリアすることが求められます。
また、ステージクリアまでの時間によってエンディングが変化するマルチエンディングシステムが採用されており、早くクリアするほど良い結末が見られるようになっています。

そして、このスピード感と相まった高い難易度でも知られています。
初動が遅く、勢いがつくと今度は速すぎるというカケフくん制御の困難さに加え、敵配置やトラップなどのステージ構成が実にいやらしく、「ジャンプ天国スピード地獄」の名はダテではありません。

この頃、ビック東海はファミコン、メガドライブなどのゲーム開発を積極的に展開しており、メガドライブの「バトルマニア」シリーズは、ユニークな演出で一部熱狂的なファンを生み出しました。

また、「カケフくん」と同じく、ビック東海開発のタレントゲームと言えばアーケードゲーム「UFO戦士ようこちゃん」が思い出深いです。
当時の超人気アイドル・南野陽子を起用したアクションシューティングゲームで……え? あれは南野陽子じゃなくてただの“ようこちゃん”?
……まぁ、そんな芸能界のコワイ事情はさておき、どうにかアーケードアーカイブスで出てほしい一作ではあります。

キャンペーン情報

誕生月買取金額UPキャンペーン

買取のお申込み・お問合わせはこちらから


  • お問合わせ・買取のご依頼はこちら。フリーダイヤル 0120-549-542
  • WEBでかんたん申込みフォーム
  • LINEで簡単査定、友だち登録はこちら
  • メールでのご依頼ご相談はこちら

PAGE TOP