『バトル・オブ・ベーマガライターズ』と『マイコンBASICマガジンヒストリーブック』の取り扱いを開始致します

2018年1月14日、有楽町よみうりホールにて開かれたイベント「ALL ABOUT マイコンBASICマガジンII」にて電撃発表された『バトル・オブ・ベーマガライターズ』の店頭販売・通販取り扱いを行わせて頂きます。

こちらはベーマガ上で山下章先生が連載されていた『バトル・オブ・ストII』がベースとなっております。『バトル・オブ・ストII』はベーマガライター同士の「闘い」を記した読み物でしたが、「優勝者は誰なのか…」この疑問の残した途中で連載が中断しておりました。ですがこの度25年の時を経て執筆を再開、そして書籍化の運びとなりました。

ゲーマーなら熱くならない訳がない対人戦の醍醐味が山下先生の読みやすい文体で繰り広げられます。『ストリートファイターII』稼動当時の熱気、そしてベーマガライターの絆がページというページからひしひしと伝わる素晴らしい書籍です。『ストリートファイターII』だけでなく、当時ベーマガやALL ABOUTで収録されていた『バトル・オブ・F-ZERO』『バトル・オブ・ぷよぷよ』も同時に収録されています。そのページ数は287P、読み物としては勿論ですが当時を物語る貴重な資料でもあります。販売価格は1,500円(税抜き)となります。この機会に是非ご購入下さい。

この度は山下先生のご好意でこの『バトル・オブ・ベーマガライターズ』は、BEEPだけで取り扱いをさせて頂いております。一読者として、そしてファンとして非常に身に余る光栄です。この場を借りて改めてお礼申し上げます。山下先生のサイン入りとなる限定版はイベント会場、および秋葉原の店頭限定販売となり、通販では通常版のみのお取り扱いとなります。熱心なファンの皆様にはこの機会に是非弊店までお越しいただければ幸いでございます。

そして本書の裏面には『Hi-Tech』のロゴが存在します。これは山下先生が80年代当時に作られた同人誌『Hi-Tech』のロゴであり、約30年ぶりに登場した『Hi-Tech』の新刊でもあるのです。

 

さらに、『バトル・オブ・ベーマガ』だけでなく、「ALL ABOUT マイコンBASICマガジンII」のパンフレットでもある『マイコンBASICマガジンヒストリーブック』も同時販売致します。

本書はベーマガの年表だけでなく、フルカラーで良質な紙を使い創刊から廃刊までの表紙が収録されています。当時を懐かしむだけでなく、目当ての情報が載っているベーマガも探す事ができる1冊となっております。本誌だけでなくゲーム記事が満載の『スーパーソフトマガジン』全てや『月刊ラジオの製作』別冊時代の表紙も収録されており、資料製が非常に高いです。

ベーマガでしか収録されていないアーケードゲームの設定というのは多々ございます。その資料集めとしては絶対に参考になるので、マイコンユーザーだけなくアーケードゲーマーな方々にも手に取って頂きたいと思います。個人的な余談ですがカプコンの『サイドアーム』自機であるα号の全身資料はベーマガの表紙にしか無いと言われ、必死に探した覚えがあります。ただ本書が当時あればものの10秒で解決できるかと思うと非常に良い時代になったなあと心から思います。こちらは1,000円(税抜き)での販売となります。『バトル・オブ・ベーマガ』と併せて是非お買い求め下さい。2冊のセットはTinyBEEPでご購入いただけます。ベーマガの熱気、勢い、そして楽しさが当時のまま残されている作品です。

販売ページはTinyBEEPでご購入いただけます。

 

よろしければシェアお願いします!

PAGE TOP