ファミリーコンピュータ『ファミコンボックス(要コントローラー、鍵)』

ファミコンボックス
買取価格70,000円
メーカー任天堂
対応機種ファミリーコンピュータ

※買取価格は、在庫状況、商品の状態などにより変動する可能性がございます。

買取のご依頼はこちら

アイテム情報

「ファミコンボックス」は、任天堂が1986年10月に開発、交通公社トラベランド興業が発売した業務用ファミリーコンピュータです。

交通公社トラベランド興業といえば現在のJTBにあたりますが、そういった旅行会社も巻き込むほど、当時のファミコンブームは盛り上がっていました。
主にホテルなどのレジャー施設に設置されており、その際には本体の右側にゲームセンターの筐体のような、硬貨を入れる箱がついていました。

本体には最大15本のカセットを搭載することができ、起動したあとのデモ画面から遊ぶゲームを選択できます。
業務用なのでセキュリティが厳重で、カセットの交換は鍵を使って前面のカバーを外して行わなければなりません。

コントローラは海外版のファミリーコンピュータである「NES」のものを流用しており、付属の光線銃も海外版の「Zapper」となっています。
カセットもNESのものと同じような外見となっていますが、残念ながら互換性はありません。

キャンペーン情報

誕生月買取金額UPキャンペーン

買取のお申込み・お問合わせはこちらから


  • お問合わせ・買取のご依頼はこちら。フリーダイヤル 0120-549-542
  • WEBでかんたん申込みフォーム
  • LINEで簡単査定、友だち登録はこちら
  • メールでのご依頼ご相談はこちら

PAGE TOP