ファミリーコンピュータ『ふしぎの海のナディア』

ふしぎの海のナディア
買取価格9,000円
メーカー東宝
対応機種ファミリーコンピュータ
メディアROM

※買取価格は、在庫状況、商品の状態などにより変動する可能性がございます。

買取のご依頼はこちら

アイテム情報

「ふしぎの海のナディア」は、1991年3月15日に東宝から発売されたファミリーコンピュータ用シミュレーションゲームです。

原作は庵野秀明が総監督を務めガイナックスがアニメ制作を担当し、1990年にNHKで放送されたテレビアニメです。

そんなキャラとストーリーの両輪で人気爆発したアニメを、ファミコン版ではなぜシミュレーションゲームにしたのかやや理解に苦しみます。 ボーイミーツガールストーリーでありつつも、登場する大人たちの人間的魅力にも溢れており、その濃密なストーリーと貞本義行の手によるキャラクターが当時のアニメ誌で何度も表紙を飾るなど人気を博しました。

ナディアやジャンといった主役格の人気キャラや、ネモ船長や副長のエレクトラ、最初は悪党で途中から仲間となるグランディスら(ただしサンソンとハンソンは登場しません)は、シミュレーションゲームのユニット扱いなので小さなアイコン表示となっており、キャラの魅力が十分に楽しめるとは言い難いです。

またアニメのキャラクターが持つ特性もユニットの性能とマッチしているとは言えず、正直に言えば別のシミュレーションゲームに「ナディア」のガワを被せたようなゲームです。

このように、変に「ナディア」に思い入れのある世代は、こうしたミスマッチにもムキになって牙をむきがちです。いっそ「ナディア」を知らない世代のほうがこのファミコン版「ナディア」を楽しめるのではないでしょうか。
我々旧世代のめんどくさい原作ファンは、メガドライブ版アドベンチャーゲームの方を楽しみましょう。今ならメガドライブミニ2に収録されて遊びやすくなりましたし。

キャンペーン情報

誕生月買取金額UPキャンペーン

買取のお申込み・お問合わせはこちらから


  • お問合わせ・買取のご依頼はこちら。フリーダイヤル 0120-549-542
  • WEBでかんたん申込みフォーム
  • LINEで簡単査定、友だち登録はこちら
  • メールでのご依頼ご相談はこちら

PAGE TOP