ファミリーコンピュータ『キャプテンセイバー』

キャプテンセイバー
買取価格30,000円
メーカータイトー
対応機種ファミリーコンピュータ
メディアROM

※買取価格は、在庫状況、商品の状態などにより変動する可能性がございます。

買取のご依頼はこちら

アイテム情報

キャプテンセイバー_ROM

「キャプテンセイバー」は、 1992年9月29日にタイトーから発売されたファミリーコンピュータ用アクションゲームです。

主人公・ノバはシークレットポリスに所属し、ブーメランとパワードスーツを使いこなし群がるサイボークたちを破壊していきます。
オープニングデモからゲーム中のドット絵、さらにはUIにいたるまで、「ターミネーター」時代のアーノルド・シュワルツネッガーの影響をまったく隠そうともしていないところが清々しいです。

この時代のシュワちゃんは“強い男の象徴”であり、単身敵地に乗り込み無双する男という、アクションゲームにもってこいの絶対的アイコンだったわけです。
様々なゲームでフリー素材のごとくコスられ倒していた、あの時代の空気感をたっぷりと感じていただきたいところです。

本作は1990年に同じくタイトーから発売されたアクションゲーム「パワー・ブレイザー」の続編という位置づけです。
「パワー・ブレイザー」主人公のスティーヴ・トレイバーは設定上の身長が182センチなのですが、ゲーム中の見た目はディフォルメがかかった可愛らしい感じとなっていました。

キャプテンセイバー_プレイ画面

全体的なデザインとも相まって「ロックマン」に似ているなどと揶揄されることも多かったためか、続編の「キャプテンセイバー」では頭身高めのリアル体型シュワリングアクションへと生まれ変わりました。

前作「パワー・ブレイザー」から続いて本作の音楽を手掛けたのは山下絹代。かつてはコナミ矩形波倶楽部に属し、「悪魔城ドラキュラ」「エスパードリーム」など数々の名曲を手掛けた才女です。

「パワー・ブレイザー」ではファミコンアクションらしい勇気と希望に満ちたメロディでプレイヤーを鼓舞し、「キャプテンセイバー」では都会的な哀愁に満ちた旋律でプレイヤーを魅了していきます。

ゲーム「パワー・ブレイザー」は「ロックマン」亜種などと揶揄されましたが、山下氏はのちにスーパーファミコン「ロックマンX3」で音楽を担当することになるのですから、生き馬の目を抜くゲーム業界はいろいろ油断がなりません。

キャンペーン情報

誕生月買取金額UPキャンペーン

買取のお申込み・お問合わせはこちらから


  • お問合わせ・買取のご依頼はこちら。フリーダイヤル 0120-549-542
  • WEBでかんたん申込みフォーム
  • LINEで簡単査定、友だち登録はこちら
  • メールでのご依頼ご相談はこちら

PAGE TOP