ファミリーコンピュータ『ガンナック』

ガンナック
買取価格15,000円
メーカートンキンハウス
対応機種ファミリーコンピュータ
メディアカセットROM

※買取価格は、在庫状況、商品の状態などにより変動する可能性がございます。

買取のご依頼はこちら

アイテム情報

「ガンナック」(GUNNAC)は、1990年10月5日にトンキンハウスから発売されたファミリーコンピュータ用縦スクロールシューティングゲームです。

世界の工業製品に奇妙なものが混ざり始め、やがて意思を持ち、世界は大混乱に陥ってしまいます。
その時、1人の魔導士が混乱を収める異世界の力である戦闘機を召喚。
同時に異世界の力を宿した魔導士はパイロットとして戦闘機に乗り込みミュータントに立ち向かう……というストーリーです。

実際にプレイしてみるとシステム、グラフィック、音楽、プレイフィールのすべてに既視感を感じるかもしれません。
そうです、80年代に「ザナック」「GUN HEAD」など傑作シューティングを生み出した開発会社、コンパイルの手によるファミコン縦スクロールシューティングなのです。

難易度は4段階から選択、敵弾の撃ち返しの有無、敵表示を“スプライト優先”か“速度優先”かを選べるなど、コアなシューターのツボを突きまくるマニアックなコンフィグや、数字で表示されるお馴染みの武器選択、さらにボンバーも4種類と豪華。

そしてゲーム中にお金を取ることでステージ間のお店で武器強化ができるなど、これでもかというくらいモリモリ要素が詰めこまれています。

コンパイルは本作発売の2ヶ月後の1990年12月にメガドライブで「武者アレスタ」を開発し、東亜プランから発売されました。
その後も「精霊戦士スプリガン」「シルフィア」など爽快感を前面に押し出した良作シューティングを続々リリースしていきましたが、空前のヒット作となった「ぷよぷよ」の沼に捕われ、やがて崩壊していくことになります。

もし今でもコンパイルがシューティングを作り続けていたら、どんな内容に進化していったのか。そんな歴史のifにも興味が尽きないです。

キャンペーン情報

誕生月買取金額UPキャンペーン

買取のお申込み・お問合わせはこちらから


  • お問合わせ・買取のご依頼はこちら。フリーダイヤル 0120-549-542
  • WEBでかんたん申込みフォーム
  • LINEで簡単査定、友だち登録はこちら
  • メールでのご依頼ご相談はこちら

PAGE TOP