ファミリーコンピュータ『ウィザードリィ3』

ウィザードリィ3
買取価格1,000円
メーカーアスキー
対応機種ファミリーコンピュータ
メディアROM

※買取価格は、在庫状況、商品の状態などにより変動する可能性がございます。

買取のご依頼はこちら

アイテム情報

「ウィザードリィⅢ ダイヤモンドの騎士」は、1990年3月9日にアスキーから発売されたファミリーコンピュータ用ロールプレイングゲームです。

シナリオ2「WizardryⅡ Knight of Diamonds」の移植作になります。
ファミコン版の「ウィザードリィⅡ リルガミンの遺産」はシナリオ3にあたり、ナンバリングが逆転しています。
そもそも、シナリオ2が後回しにされたのは、シナリオ2がシナリオ1の追加シナリオ的立ち位置のため敵モンスターの強さもシナリオ1から継続しており、外部記憶装置を持たないファミコンではキャラクター転送が叶わず、やむなく先にシナリオ3を移植したという経緯があります。

では、後回しにされた本作は、その問題をいかにクリアしたのでしょうか。
それは、徹底的なゲームバランスの見直し調整です。
新規に作成するキャラクターで戦っても違和感がないようにモンスターの強さを大幅に調整し、それに伴い迷宮の再構成まで行っています。
さらに本来シナリオ2には登場しなかったモンスターを他のシリーズから持ってくるなどの対策までやってのけました。
ストーリーよりも、どちらかといえば戦闘を楽しむのがウィザードリィですので、ここのところの調整が見事に的を射ています。
ウィザードリィをやりこんだメンバーが揃っていたゲームスタジオの面目躍如といったところです。

また、「ウィザードリィⅢ」にはファミコンオリジナルの、隠しボス“デーモンロード”も用意されています。
迷宮の最深部にパーティーではなく、たった1人で乗り込んでいくことで出会うことができるこのデーモンロードは、例えばプレイステーション版「ウィザードリィ リルガミンサーガ」に収録された「ダイヤモンドの騎士」には登場せず、ファミコン版にしか出現しません。
この機種固有の隠しボスの存在が、ファミコン版「ウィザードリィⅢ」のスペシャル感を演出しているとも言えるでしょう。

キャンペーン情報

誕生月買取金額UPキャンペーン

買取のお申込み・お問合わせはこちらから


  • お問合わせ・買取のご依頼はこちら。フリーダイヤル 0120-549-542
  • WEBでかんたん申込みフォーム
  • LINEで簡単査定、友だち登録はこちら
  • メールでのご依頼ご相談はこちら

PAGE TOP