【修理依頼】ゲーム&ウオッチ オクトパスの液晶不良を修理しました

今回は、愛知県のお客様より依頼された『ゲーム&ウオッチ オクトパス』の修理をしていきます。

ゲーム&ウオッチ修理ブログ

通称ゲームウオッチと呼ばれる電子ゲームです。
このオクトパスは1981年に任天堂から発売され、ゲームウオッチとしては有名な作品であります。

それでは修理に取りかかっていきましょう。
依頼された時の症状としては、画面に焼け様に黒くなっているとのこと。
コレは昔の液晶によく見られる症状ですので交換用の部品さえあれば直ります。

ゲーム&ウオッチ修理ブログ

ゲーム&ウオッチ修理ブログ

ゲーム&ウオッチ修理ブログ
動作確認すると液晶の不良に加えてボタンの反応が良くないことが分りましたので、こちらのクリーニングも行っていきます。

 

ゲーム&ウオッチ修理ブログ
まずは分解していきましょう。
裏側にあるネジ6本を外し、電池BOX付近にあるツメを折らないように右側にスライドしながら外します。

ゲーム&ウオッチ修理ブログ

外れたらスピーカーの配線に注意しましょう!
引っ張りすぎると切れます…

ゲーム&ウオッチ修理ブログ

ゲーム&ウオッチ修理ブログ

 

そしたら次は反射板の交換をやっていきます。

ゲーム&ウオッチ修理ブログ
左から偏光板と背景イラストと反射板になります。
偏光板と背景イラストはそのまま使うのできれいに拭いておきます。

ゲーム&ウオッチ修理ブログ
画面が焼けているように見えるのはコレが原因です。
コレは反射板と偏光板が貼り合わさっている物なのですが、経年などによってこれらを張り合わせている接着剤がビネガーシンドロームを起こしたせいだと思われます。

 

ゲーム&ウオッチ修理ブログ
現在では同じものは手に入らないので、交換する場合は新しい反射板と偏光板をそれぞれ、元に合わせて切り出し接着はしないでただ重ねて使います。

そのまま使う偏光板に対して約45度ぐらいですかね、きれいに写る角度で切り出します。

切り出せたら後は組むだけなので、先にボタンやら接点やらのクリーニングをやっちゃいます。
ボタンを外してクリーニング液できれいにします。

ゲーム&ウオッチ修理ブログ

きれいになったら組み付けて動作確認

ゲーム&ウオッチ修理ブログ

ゲーム&ウオッチ修理ブログ

液晶表示、問題なし!
ボタンの動作、問題なし!
修理完了です!

 

今回の修理のポイントは偏光板の角度です。
きれいに映る角度で切り出すのが難しいところです。
ですが!BEEPでは今回のゲーム&ウオッチをはじめ、レトロゲームハードの修理を受け付けていますのでお気軽にご依頼ください。

お問い合わせフォーム

よろしければシェアお願いします!

PAGE TOP