【出張買取】「PS2 百式ゴールドパック」他多数埼玉県草加市より

埼玉県草加市のお客様から出張買取で多数のゲームハードやソフトを買い取らせていただきました。引っ越しで身を軽くしたいとの事でご依頼を承りました。

出張買取事例

写真にはPC-98とソフトがかなり写っていますね。他にも品物がどっさりありました。そんな中で今回の買取でご紹介したいのはこちらです。

ゲーム機多数

未使用品のゲームハードがこんなにございました。箱もしっかり綺麗に存在して相当大切になされていたんでしょうね。珍しいというより数多く出回った国民機ばかりですが、未使用品となると現在ではあまり目にしないので一つずつ紹介していきます。

 

ネオジオポケットカラー

まずはこちら「ネオジオポケットカラー」。表記が全て英語なので海外版ですね。こういったゲームハードのパッケージに写っている本体の画面にはロゴを入れるのが一般的ですが、ガッツリ自社開発のKOFがはめ込んであります。日本版のネオジオポケットカラーのパッケージではロゴがはめ込んであったので、海外版だけの仕様です。パッケージにはお国柄がでますねぇ。

ワンダースワン

続いては「ワンダースワン」です。元は任天堂にいらっしゃった「枯れた技術の水平思考」という言葉でもお馴染み横井軍平さんが製作した『GUNPEY』は小さいころその簡単すぎるルールが故に舐めてかかって見事にドはまりして親にやり過ぎて怒られてしまった思い出が。ワンダースワンは持っている人間が周りに殆どおらず、誰ともグンペイの話が出来ず悲しかった……。ゲームとしてはラインを繋ぐだけのシンプルなものなんですけれども、本当に奥が深くて際限なしに時間を費やしてしまいます。

ゲームボーイアドバンス SP

そしてそして、「ゲームボーイアドバンス」と「ゲームボーイアドバンスSP」です。コンパクトかつ折り畳めることができ充電式で電池いらず、フロントライト搭載で暗い所でも見えるという至れり尽くせりの機能を持ったSPは当時の子供の心を掴んだ名機でした。夜布団の中でプレイして目を悪くした方も多いのでは。アドバンスはゲームボーイも遊べたりと息の長いハードでしたねぇ。98年のスケルトンiMacもそうですが当時は猫も杓子もスケルトンで流行っていた記憶があります。GBAも様々なスケルトンカラーが出てましたね。自分の中ではミルキーブルーが一番GBAのイメージで強いです。SP共に多くのカラーバリエーションがありましたが、皆さんはどのカラーでしたか?

ゲームキューブ

そして「ゲームキューブ+ゲームボーイプレイヤーエンジョイプラスパック」です。GBAやGBのソフトがGCで遊べるゲームボーイプレイヤーが同梱したverですね。GC独特の8cmディスクのコンパクト感が発売当時とてもスタイリッシュで良かったですね。ケースなども含めて全体的にコンパクトに纏められていた印象がゲームキューブにはあります。ゲームボーイプレイヤーがあればテレビの大きい画面でGBAのソフトが遊べると画期的な存在でした。GCコントローラーのスティックが若干GBAソフトとの操作での相性が悪かった気もしますが、それを補って余りある魅力が大画面でのプレイにはありましたねぇ。

PS2百式モデル

最後に、ひと際大きく目立っていたコチラは「機動戦士Zガンダム百式ゴールド・パック」です! 未使用で箱まで美品とかなり珍しいものとなっております。こちらの商品は2003年12月4日に発売された『Ζガンダム エゥーゴVS.ティターンズ』を同梱したもので、このセットだけで対戦まで行えるようにソフトだけで無く、コントローラーが2つに特別色のメモリカードまで付いていました。余談ですが同日にセラミックホワイトのPS2と『グランツーリスモ4″プロローグ”版』がセットになった「Playstation2レーシングパック」も発売されるなど、当時すでに普及率の高かったPS2の更なる普及に苦心しているSONYの様子が伺えます。

PS2百式モデル 裏

『機動戦士Ζガンダム』にて登場しました大人気MS「百式」モデルという事で、金色にカラーリングされたPS2本体とコントローラーのカラーリング、作中の世界観をイメージしたU.Cスタンドまで付属しています。メモリーカードのカラーリングにも拘っているのは流石です。Ζガンダムには青色という印象より背中を見ることが多かったのとMk-Ⅱの存在が大きいからか、黒色って印象が個人的には強いです。
『連邦VS.ジオン』から進化したシステムで作中のMSを動かして対戦できるのはとても気持ちの良いものでした。本編での登場が中々に遅いという事と初登場回が地味すぎるというのもあって、見ていた時のヤキモキした気持ちをぶつけるようにΖガンダムばっかり使ってましたねー。ただやはり主役機ということで飛び抜けて強かったようで、使用禁止としているゲーセンもちらほらあったせいで最終的にリック・ディアスに落ち着いたのはいい思い出です。

限定モデルを含め全て未使用という沢山の貴重なコレクションをお譲りいただき誠にありがとうございました。

 

BEEPでは今回の百式ゴールド・パックやゲームボーイアドバンスSPの様に、限定モデルのハードや携帯機の買取を行っております。

ゲームボーイアドバンスの買取表はこちら / ゲームキューブの買取表はこちら / ネオジオ関連の買取表はこちら / ワンダースワンの買取表はこちら / PS2の買取表はこちら

引っ越しを機に一念発起したけど物が多すぎてという方の為に出張買取も行っております。是非ご活用ください。

フリーダイヤル:0120-549-542

よろしければシェアお願いします!

PAGE TOP