T&Eマガジン他貴重なアイテムを多数お譲り頂きました

先日になりますが栃木県小山市にお住まいのお客様からこちらのT&Eマガジンの創刊号からと、T&E PRESS、CD、グッズ、チラシなどT&Eソフトに関する様々なグッズを買い取りさせて頂きました。創刊号からというのはかなり久々の入荷になります。

こちらがその創刊号です。イラストはスターアーサー伝説II 暗黒星雲の物です。発行は1983年12月と惑星メフィウスがヒットし、国内にアドベンチャーゲームブームが興っていた時期になります。

こちらの創刊号ではPC-6001mkII版惑星メフィウスの発売が遅れた経緯が書かれています。3日間ダビングマシン7台をフル稼働させ、3本組のカセットのバグを修正していたかと思うと気が狂いそうになる作業です。

第三号はコスモミューター特集という事でハイドライドの作者でもある内藤時浩氏も紹介されています。

コスモミューターには暗黒星雲でプレイヤーを恐怖に陥れたあのエイリアンが再登場している事が明らかにされています。ゲームはジャレコから国内販売されたアーケードゲーム「ブループリント」の影響がかなり強いとは思いますが、その点については触れられていませんでした。

またユーザーや雑誌に対し怒りをぶちまけるコーナー「テメー気に入ら~ん!」ではラポートの遊撃手への怒りを書いています。創刊号では惑星メフィウスと暗黒星雲をボロクソに評していましたが、画面写真が無断だったというのは驚きでした。またラポートのゲームといえばテキストが英語のガンダムADVとFM-7のディスクでしか出ていないシミュレーションなど、お世辞にも褒められた作品を作っていないのも怒りに火を注いでいる形です。

PAGE TOP