テーブル筐体のメンテナンス日記その1

以前雑誌やX1ソフト等を神奈川県小田原市まで出張にて買取りさせて頂いた時に、こちらのテーブル筐体もお譲り頂きました。その時はホコリやサビなどコンディションも厳しくモニタも映らなかったのですが、この度遊べるように復活させようという事で色々頑張ってみました。(写真がかなり多めです。)

まずはこちらが天板を開けた写真になります。

14インチモニタ、電源トランス、コインシュータ、スピーカー、ティルトスイッチ、天板には後付と思われますがスイッチング電源もありました。モニタが映らないという事と電源類は古いので、新品のスイッチング電源を使用する予定ですのでこの辺りは総取っ替えします。

まずはモニタを外した写真です。(危ないので取り外しには十分注意して下さい)モニタが無くなるだけで大分スッキリしてきます。


電源、ティルトスイッチ、2P側コンパネ、配線、コインシュータを取り外していきます。

大きなものがドンドンなくなっていくのでシンプルな見た目になりました。

このままだとホコリが内部にかなり残っていますので、業務用エアコンプレッサーでホコリを飛ばします。BEEPではこういった古い筐体やパソコンの分解清掃をする際に重宝しています。ホコリを飛ばす回数が多い場合は何かと便利な一台です。

ここまで清掃してきて、片側の足の土台が取れてしまうという一つ大きな問題が出てきました。

これは配線や清掃、ボタン交換などをやりつつ同時に解決していく予定です。

今回はアーケードゲームに関する記事でしたが、BEEPではアーケード基板や筐体もこちらにて取り扱っております。マニアックだったりと読み応えのあるブログも日々更新中ですので是非ご覧下さい。

テーブル筐体メンテナンス日記のその2はこちらです

PAGE TOP