新規会員登録

[MC01-0010G] X68000 タワー型用 FDD-DRIVE SWAPPER+ / ミカエル

¥ 8,580 税込

加算ポイント:86pt

商品コード:

数量

~製作者様販売ページより~
X68000 タワー型用 FDD-DRIVE SWAPPER(以下FDSと呼ぶ)は、X68000の起動ドライブを、内蔵FDDと拡張FDDのどちらにするかを切替えることが出来るようにする基板です。

本基板の34pinコネクタに接続したFDX68やHxCなどのFDDエミュレータを使用してバックアップイメージから起動したり、内蔵FDDに挿入したフロッピーディスクから起動したりすることが出来ます。起動ドライブの切り替えは、本基板(FDS)のトグルスイッチで簡単に出来ます。

また、本基板のモード切り替えスイッチでコントローラーモードに切り替えると、FDX68と内蔵ドライブが直結した状態となり、FDX68の機能により、内蔵FDDに挿入したフロッピーティスクをバックアップしたり、リストアしたりすることが出来ます。

※初代X68000、Compact系には取り付けできません。
※X68000PRO、X68030用のFDS基板は、別商品となります。
※X68000独自のオートイジェクト、ディスク挿入について
海外製のHxC(FDDエミュレータ)を使用する場合は、内蔵FDDのオートイジェクトとディスク挿入検知を併用することで、ゲーム途中でのディスク入れ替えに対応しています。
全てのゲーム等で動作を保証するものではありません。
ご了承願います。

※製造ロットによっては、下記の部品について材質や見た目に違いがあります。
ご理解頂いた上で、ご購入の検討をお願い致します。
・34芯フラットケーブル
・コントローラーモード切替えスイッチ
特徴・用途
以下のような特徴があります。
・起動ドライブを、内蔵FDDと拡張FDD(FDDエミュレータ等)で切替え可能。
・PCケースを閉じた状態にできるため、見た目がスッキリ、場所も取らない。
・拡張FDDとの接続を、34pinFDDコネクタ化。(ケーブルの調達、製作が容易)
・HxCなどX68000独自のオートイジェクト、ディスク挿入に対応していないFDDエミュレータを使用する場合でも、内蔵FDDを併用することで、オートイジェクトとディスク挿入を間接的に扱うことが可能。
・FDX68のコントローラーモードに対応。

次のような用途で使用するのに便利です。
・普段は内蔵FDDから起動して、たまに拡張FDDからも起動したい。または、その逆。
・同時に4ドライブ使いたい。

付属品
・FDS基板           1個
・34芯フラットケーブル(約30cm) 1個
・HxC接続用変換ケーブル(約5cm) 1個
・ジャンパー設定基板(FDX68用) 2個
・ジャンパー設定基板(HxC用)  1個
・ジャンパーピン 8個
・電源分岐ケーブル  1個
・34芯フラットケーブル(約70cm) 1個
・コントローラーモード切替えスイッチ(約80cmケーブル付き) 1セット
・簡易説明書

お願い
頒布するすべての基板について、製作者様のPCにて動作確認は行っていますが、古いPCに取り付ける基板であり、ご購入様にて取り付け等を行なって頂く点から、使用は自己責任でお願い致します。
また、購入される前に適合機種かどうかを確認をお願い致します。

適合機種
本基板は、以下の機種に適合する寸法で製作しています。

X68000 ACE(CZ-601C)
X68000 ACE HD(CZ-611C)
X68000 EXPERT(CZ-602C)
X68000 EXPERT HD(CZ-612C)
X68000 EXPERT II(CZ-603C)
X68000 EXPERT II-HD(CZ-613C)
X68000 SUPER-HD(CZ-623C)
X68000 SUPER(CZ-604C)
X68000 XVI(CZ-634C)
X68000 XVI-HD(CZ-644C)

その他
<最新のFDS説明書>
付属品に簡易説明書を入れてますが、最新の説明書等は、下記の製作者のWEBサイトでも公開されております。
https://www.michaels-home.com/

また、関連の情報は製作者Twitterでも随時公開されます。
https://twitter.com/otoka_j

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆