テグザー(1985年 ゲームアーツ 5”2D 1枚)

テグザーはゲームアーツから発売されたロボットアクションシューティングゲームです。

兵器開発船レイピナは小惑星ネディアムから発生している磁力線に捕まり離脱不可能となった。外部からの攻撃に対しては効果が全く無い為、小型兵器による内部からの攻撃が必要となった。そこで開発中の最新試作兵器、ハイパーディアルアーマー「テグザー」を惑星ネディアムへ向け発進させた…というストーリー。

テグザーを語る際にまず出てくるのは変形と美しいレーザー攻撃、そして力強いFM音源のミュージックでしょう。特に変形アニメーションは滑らかで更に格好良い、そして何度も好きなだけ変形させられるというのが魅力的です。

前年に登場したヴォルガードは非常に凝った変形アニメーションがあるのですが、ステージの最後しか見られないという制約がありました。ですがこのテグザーは変形し放題、アニメーション見放題とロボット好きにはもう堪らない作品です。当時のポスターが設計図をモチーフにしており、非常に格好良いです。

そしてもう一つの特徴が美しいレーザー攻撃です。敵をホーミングする七色に輝くレーザーはこの時代にしてよくぞここまでと驚きます。ただホーミングもあまり賢くなく、入り組んだ地形だと無駄撃ちがあったりしますので過信は禁物です。

最後に特筆すべき点は力強いFM音源です。
高速で波打つ雲と近未来を感じる地面をバックに流れるテグザーのテーマと、それをアレンジしたメインBGM。ゲームオーバー後に流れる月光の3曲のみが使われています。
ゲームを終わらせるにはテグザーを破壊(ゲームオーバー)させるしかない、そしてゲームオーバー時の月光は続編のファイアーホークにて上手く使われていますので、今作が好きでしたら是非とも遊んでみて下さい。サウンドボードIIがあると更に楽しめます。
類似作品と思われるアルシスソフトのウイバーンもかなり力強いFM音源の使い方をして、こちらもオススメです。

PAGE TOP