ゲームウオッチ・LSI・FL管ゲームも買取りしております

今回の買取品のご紹介ですが、
本日、ゲームウオッチやLSI、FL管ゲームといった70・80年台の携帯ゲーム機を買取りさせて頂きました。

 

今回は70年台後半のかなりアナログなものも入荷しましたので、ご紹介していこうかと思います。

ミサイル遊撃大作戦(トミー)

80秒間の間に多くのミサイルを迎撃するというルールで、スペースエイジなデザインが目を引きます。


こちらは79年に発売されたもので、画面が小さいですが、蛍光表示管((FL管)となっています。
また、コントロールレバーがかなり使用感があるので、前オーナー様は当時遊ばれていたと推測できます。

スペースチェイサー(トイボックス)

残念ながらこちらは動作しませんでしたが、75年製と一番古いものになっています。

同じようなもので、レッドミサイル(トミー)も買い取りさせて頂きました。
こちらはモーター駆動で敵を動かし、それを撃墜していくというものになっています。

発売から40年近く経っているため、モーター駆動周りが限界を迎えているのがほとんどなため、
まともに動くのはかなり珍しいです。 

撃墜していくタイプのゲームはナムコのサブマリンを思い出しますが、
70年台はアーケードの方でも 定番のエレメカが多数でており、それを模した携帯ゲーム機が多数出ていたようです。

スペースドラゴン(エポック)

こちらは少しとんで84年製造の、ゲームウオッチと同じLSIゲームになります。
銀箱で当時の子どもたちを引きつけていたのではないでしょうか。

ゲームのほうはギャラクシアンのように敵を撃墜していくもので、敵の動きがなかなかいやらしい
肝心のドラゴンは?とお思いでしょうが、ボスとしてドラゴンが登場するということですが、
そこまでいけず、ゲームオーバーになってしまいました・・・

その他にもは、ゲーム&ウオッチでは
ヘルメット、ポパイ、ミッキーマウス、ライオン、ピンボールといった少し珍しいタイトルも買取りとなりました。

こうみるとワイドスクリーンはかなり大きくなったと実感できます。

BEEPではこういったゲームウォッチなどのLSI,FL管ゲームの買取を行っております。
ボタン1部が効かない、電池蓋がないものでも、買い取りしておりますので、
是非弊店にお任せ下さい。

買い取りはコチラ 

PAGE TOP