PCエンジンJAMMA接続キット「羽生構想」の取り扱いを開始致します!

BEEPで取り扱いさせて頂く同人アイテムにこちらのPCエンジンJAMMA接続キット「羽生構想」が加わりました。こちらはMEGA-NEOπ様謹製のアイテムで、海外マスターシステムアダプタ「羽生交易」に続くBEEP専売プロダクトになります。

こちらはPCエンジン本体裏にある拡張部分に挿す事で、アーケード筐体にてPCエンジンのゲームが楽しめる物になります。

接続方法は簡単でまず本体裏面にある拡張バスに本機を接続します。(しっかり奥まで挿し込まないと動作不良を起こす場合がございます。通電前にご確認下さい)

そしてこの羽生構想を使うに当たっては、PCエンジンのコントローラが1個必要となります。コントローラを用意したら背面のネジを開け、分解して下さい。

今回分解して取り出すのは中の基板ではなく、こちらのコントローラケーブルになります。

このコントローラケーブルの内、白い端子の方を羽生構想本体に、コントローラ端子がある方をPCエンジン本体に接続します。

あとはJAMMAハーネスに接続し(ピン数が異なりますので逆刺し、場所違いにはご注意下さい。)電源を入れればゲームが起動します。

RGB出力になっていますのでゲーム画面もくっきり表示されます。

ボタンの配置は、SELECTがJAMMA側のSHOT 1、IIボタンがSHOT 2、IボタンがSHOT 3となっています。(ソルジャーブレイドが非常に遊びやすい配置となっているのが嬉しい点ですね)

また本機にはSRAM機能が搭載されており一部ゲームのバックアップが行えます。わざわざパスワードを記録する必要も無くなりますので非常に嬉しい機能ですね。

筐体持ちには嬉しい一品、「羽生構想」はBEEP秋葉原店にて先行販売を致します。販売価格は15,000円+消費税となります。テクナート以来(?)のJAMMAアダプタとなりますので当時買えなかった方を含め是非お買い求め下さい。キャラバンシューがパッドで遊ぶより楽しく感じられます。

PAGE TOP