80~90年代アーケードゲームのポスターが超大量入荷しました!

本日は栃木県足利市にお住まいのお客様から宅配買取にて多数のアーケードゲーム用ポスターをお譲り頂きました。全体的に状態も良く、更に貴重なものも多数ございましたのでBEEPでもその分高価にて買取させて頂きました。

今回はせっかくなので画像が多くなってしまいますが色々なポスターをご紹介します。

ドラゴンバスター(1985 ナムコ)

紫や青を基調とした色合いのデザインのポスターです。主人公のクロービスがかなりの小サイズで描かれているというのもアーケードゲームのポスターとしては異例ではないでしょうか。右下に1984 NAMCOと書かれていれば当時もの、NBGIと書かれていれば復刻版です。

サンダーセプター(1986 ナムコ)

ポールポジション筐体を改造して稼働していた3Dシューティングです。この当時のナムコのポスターだけありデザインが秀逸ですね。

モトス(1985 ナムコ)

ジャンルは宇宙おはじきゲームとでも言うべきでしょうか。マイナーですが根強いファンが多い作品です。ギャプラスなんかもそうですがテーブル筐体に入れ、部屋を真っ暗にして遊ぶと宇宙感が出ますのでオススメです。X68k版も非常に良かったですね。

プロ野球ワールドスタジアム’89 開幕版(1989 ナムコ)

ファミコンから逆移植されたワールドスタジアムシリーズの第二弾です。サイズは他のポスターに比べると小さめです。下半分はガイアンツ(ジャイアンツ)、カーズ(カープ)、ドラサンズ(ドラゴンズ)、ライオネルズ(ライオンズ)、ブラボーズ(ブレーブス)、ホーネッツ(ホークス)の選手データ一覧が掲載されています。

アルカノイド リベンジオブDOH(1987 タイトー)

大ヒットしたブロック崩しゲーム、アルカノイドの続編です。フェアリーランドストーリーやバブルボブルもそうですが、この当時のタイトー固定画面ゲームはステージ一覧をポスターに入れていました。

ザインドスリーナ(1986 テクノスジャパン)

くにおくんやエキサイティングアワー、ダブルドラゴンと肉体系アクションが多かったテクノスジャパンでは異例のSFアクションです。唯一テクノスらしいなと感じるのは激しい処理落ちくらいではないでしょうか。普通のアクションかと思いきやゼビウスを意識した非常に長い裏設定集が存在します。(こちらは基板屋で買うと付属する場合があります。)

今回ご紹介したポスター以外にもアーケードゲームグッズは幅広く買取致します。例えばゲームセンターにあったインストラクションカードや説明書にポップ、チラシに小冊子など基板以外のアイテムも高く評価しているのがBEEPの特徴です。ゲームソフトやレトロPC、基板をご整理の際には是非こういったアイテムもお譲り下さい。

PAGE TOP