ジョギング/サイドワインダー(m5)カセットテープ

 

ジョギング

ジローは毎朝ジョギングをする。来週にせまった学校の運動会に出場し、優勝するためだ。しかし、ライバルが、ジローのジョギングを妨害しようとしている!落とし穴をつくり、上からりんごを落としたり、何と、意地悪カラスでおそいかかろうとしているのだ。でも、ジローはジョギングを続けなければなりません。さて、ジローは数々の妨害にもめげず、走り続けることができるでしょうか!?(マニュアルより)

第二弾のA面は横スクロールアクションのジョギングです。学校の運動会へ向けての練習なのに大変な事になっていますが、m5カセットテープシリーズのストーリーはどれも似たような構成です。

ゲームはシンプルで左から来るカラスや落とし穴、突如落ちてくる巨大りんごを避けつつひたすら進み続ける物になります。右から左というスクロール(ナムコのスカイキッドが代表的ですね)は珍しい作りです。また右キーで止まりますがその間はガンガン点数が引かれますので極力止まらない方が良いです。このゲームの操作は若干特殊で上キーでジャンプするのですが、降りるためには下を押さないと上昇しっぱなしとあまりないシステムを搭載しております。天井に触れるとミス=ゲームオーバーなので、どこまでジャンプしたら下キーを押すのか、またその先にカラスや落とし穴はあるのかという距離感覚に慣れないとジロー君はランニングどころではありません。

キャラは驚く程大きく(デカキャラという言葉も懐かしいですね)、動きも良いのでm5テープシリーズでは当たり作だと思います。

サイドワインダー

西暦2999年、我国において、密かに最新式ミサイル”サイド・ワインダー”の開発に成功した。しかし、その時、海のかなたの大国が我国に宣戦布告し、第四時大戦の幕が切って落とされた。
同時に、敵は戦闘ヘリ123機、プロペラ機150機、ジェット戦闘機220機を我国へ向けて発信させた。この情報をキャッチした我国上層部は緊急会議を招集し、その結果、最新の”サイド・ワインダー”を搭載したジェット戦闘機隊の操縦士にキミを任命した。スクランブル!そしてサイド・ワインダーの破壊力を見せてやるのだ。キミの機は射程距離が敵機より何倍も優れているため、有利な戦いを展開できるだろう。しかし、くれぐれも燃料にだけは注意してくれ。健闘を祈る。(マニュアルより)

 B面はサイドワインダーです。ストーリーがかなり盛られていますがゲームはこれまたシンプルで画面に描かれているヘリや戦闘機を撃ち落とす物になっています。2を押すと出る機銃はそのターゲット一機のみを撃墜しますが、1を押すと出るサイド・ワインダーが敵機に当たるとその周囲の敵機まで撃墜できます。ただサイド・ワインダーを撃つとエネルギーが100減るので、乱発するとハイスコアが伸ばせなくなります。

HEIGHTが0になり下を押すと着陸します。着陸すると点数に加え、撃墜数x50点がボーナスとして加わります。燃料切れになり地面に落ちるとボーナス点が貰えないので、可能な限り高所にいる高得点戦闘機をサイド・ワインダーで撃墜しつつギリギリのタイミングで着陸すると最もハイスコアに近づきます。

こちらがジョギング/サイドワインダーのパッケージ、説明書、テープです。

PAGE TOP