No.6 ワープ&ワープ(m5)ROMカセット

 

奇怪なモンスター”ベロベロ”をやっつけろ!敵は思わぬ動きでミサイル攻撃をしてくるから危なくなったらワープトンネルへ飛び込め!!もう一つの世界では敵から逃げながら時限爆弾で次々にぶっ飛ばせ!!コミカルで知的なプレイの「ワープ&ワープ」!!(パッケージ裏より)

ソードm5ナムコ移植物シリーズ第6弾はワープ&ワープです。ディグダグから今作まで6連続ナムコ物というのも、「アーケードの一流メーカーナムコのゲームがm5なら自宅で遊べる!」というキャッチでm5を売りたかったからではないかと推測されます。この先もアーケード移植物が続きますのでそういった点では、着眼点は良かったと思います。

以前ご紹介したギャラックスの出来がかなり申し訳ない出来栄えだった事に対し、今作の出来は全体的にかなり良いです。ワープ先のメイズワールド(ボンバーマンの元祖の様なステージです)も再現度が高く安心して遊べます。オリジナルのアーケード版は1979年に発売されたボムビーからキューティーQ、そしてワープ&ワープへと基板が改造されていった物ですので、そこまで高度なスペックを要求しなかった事が理由の一つに挙げられると考えております。

気になる点としましてはステージクリアのファンファーレが鳴らない、弾が撃てる際は画面隅に■が表示される演出のカット、そしてマニュアルにも赤ベロベロと書かれているのにどう見ても紫にしか見えない事でしょうか。安心して遊べるタイトルですのでm5コレクションの一つに入れる事を強くオススメします。

こちらがワープ&ワープのパッケージ、説明書、カセットです。

 

PAGE TOP