コナミMSXソフト(美品)が24本入荷しました

本日は愛知県名古屋市にお住まいのお客様から宅配買取にてMSXソフト24本をお譲り頂きました。全てコナミのタイトルで状態も全体的に良好です。

コナミのMSXタイトルには通し番号がついており、夢大陸アドベンチャーにはRC743という型番が付けられています。そうなると順番に並べてみたくなるのがマニアの性、箱が大きくなった時期のコナミタイトルですと後はRC762の魂斗羅、RC765の牌の魔術師、RC767のソリッドスネーク、RC768のスペースマンボウとRC769のクォースが揃えばROMはコンプリートとなっています。FDだとF-1スピリット3Dスペシャル、コナミゲームコレクションの1,3,番外編が抜けています。

今回はその中でも同時入荷はかなり珍しい王家の谷エルギーザの封印2本をご紹介します。

初代王家の谷はMSX1でよく出来たパズルとして人気を博しヒットを飛ばしたタイトルです。またクリアBGMは同じコナミのゲームであるツタンカームと同じ物です。(ピラミッド探索ゲームという大きな共通点はありますがどういった意図なのかは不明です。)その王家の谷から3年後に今回ご紹介するエルギーザの封印が発売されました。続編ということで主人公は初代の13代目という設定です。

コナミのゲームといえばMSX1用でも2用といっても通じる位クオリティの高いグラフィックで描かれている印象ですが、今作のみMSX1版とMSX2版が発売されています。(他のメーカーですとMSX1と2両方で出たタイトルにドラゴンクエスト、レリクスなどがありますね。)早速ですが1面のグラフィックを見てみましょう。(左がMSX1、右がMSX2)

アイテムの描写がBG扱いの為黒い枠が出ている、スコアとステージ、残機が消えている、心なしか色数が少ないという違いはありますが、遊んでみた限りそれ以上の違いはありませんでした。以前お話させて頂いたマニアの方によるとMSX1版の方の方が処理が軽く、動作が軽快だそうです。ただMSX1でよくぞここまでという感動はありますのでどちらかを選べと言われればMSX1版を選びます。(MSX1版の方が買取額は高いです!)

MSXは本体ソフト共に引き続き買い取りを強化中です。ご整理の際には是非弊店にお任せ下さい。

PAGE TOP