パンチアウト(ゴールドカートリッジ)を買取させて頂きました

本日は埼玉県川口市にお住まいのお客様から宅配買取りにてこちらの非売品ファミコンカセットのパンチアウトをお譲り頂きました。BEEPではF1レースの景品であるスーパーマリオのゲームウォッチは何度か取り扱ってきましたがパンチアウトの買取は久しぶりです。こちらはディスクシステムで出ていたゴルフトーナメントUSコースの賞品として上位プレイヤーと抽選で合計10000人に配布されたものです。(今回のアイテム以外に説明書と当選通知が付属していました)

パンチアウトは1983年にアーケードで登場したボクシングゲームになり当時としては異例のデカキャラと二画面の迫力、任天堂らしい丁寧なキャラクター作りとパターン構築の楽しさでゲームセンターで人気を博しました。そしてその1年後にはダッキングとボクシングの範疇を超えたトンデモキャラ、KOまでの最短時間が記録されると更にパワーアップを遂げた続編、スーパーパンチアウトが発売されました。飛び交うボイスと個性豊かなキャラクター、そしてパターン作りの楽しさから今でもファンが多く、特にスーパーパンチアウトは中古基板市場では高値で取引されています。

では早速プレイしましょう。昔はギリギリマイク・タイソンを倒す位やりこんだ作品ですので、パターンを大分覚えており後半面まで進めました。

最初の難敵キング・ヒッポ。口を開けた瞬間に上パンチを入れ、その後ボディーを入れれば楽勝です。自重に耐え切れないという設定なので最初のダウンでKO勝ちします。

アーケード版スーパーパンチアウトでもいたグレートタイガーです。AC版は挑発から戻ってきた瞬間にボディを入れると一発ダウンでしたが、FC版は回転攻撃をガードした後のパンチで一発ダウンします。

景品版はこのTITLE BOUT!!のBGMが違います。また遊び進めてみますとタイトルを取った後に出るパスワードも違いました。

スーパーパンチアウトではウォッカ・ドランケンスキーという名前でしたが家庭用という事でソーダ・ポピンスキーへと改名されています。大きく左腕を振りかぶっている時が★を獲得するチャンスです。

パッケージにも登場し、アーケード版スーパーパンチアウト以外は皆勤賞であるボールド・ブルです。番外編の腕相撲ゲーム、アームレスリングにもマスクXとして登場しています。即死技のブルチャージを返せるかどうかで明暗が別れるキャラクターです。FC版は4回飛んだ時に左ボディーを出すと当たる感じです。二回登場しますがタイミングは同じなので一度勝てれば二度目も勝てます。

この後アーケード版初代のチャンピオンMr.サンドマンとアーケード版スーパーパンチアウトのチャンピオンであるスーパーマッチョマン(国内版ではスーパーボディービル)が登場します。市販版では登場するマイク・タイソンやそれに該当するキャラはおりませんので、限定品が通常品を下回る珍しいタイトルですね。

BEEPでは景品版パンチアウト(ゴールドカートリッジ)を高価買取りしております。完品(箱・説・通知書)は勿論ですがカセットだけでも買取致しますので是非弊店にお譲りください。勿論他の景品(スーパーマリオブラザーズのゲームウォッチや文房具セットのプリティミニ、ゴルフのディスク)なども買取しておりますのでこちらもお任せください。

PAGE TOP