【第二回】裸ファミコンプレイ日記

BEEPでは、箱や説明書のないいわゆる「裸」の状態のソフトも買取させて頂いております。
世代とは言え、この仕事についてから初めて見るタイトルも少なくありません。
BEEPスタッフはゲームに精通している人間ばかりで出来ていますが、たまに私のような人間もいます。
査定はプロの目で行われておりますのでご安心ください。
さて。
ファミコンの操作は十字キーとAボタンとBボタンのみ。
今のプレステやXBOXに比べたら幾分単純です。
では、人間は取説や箱に書かれたソフトの世界観の説明文なしでいきなりプレイしても楽しめるものなのでしょうか。
早速試してみます。

今回試すのはこちら。

CAPCOMのヒットラーの復活。

ナチスドイツの象徴のアドルフ・ヒトラーが荒俣宏の帝都物語よろしく両手を広げて完全ワルの顔です。
手塚治虫が見たらなんと思うのでしょうか(アドルフに告ぐは名作です)
しかしそんなナチスに挑む主人公はマシンガン撃ちながら左手では金属状の紐のようなものを掴んでいます。
動きとしてはかなり忙しそうです。なんと身体能力の高い主人公だろうか。
しかし完全アーミースタイルなのに頭は守りません。ポリシー?
カセットだけでは目的もわかりません。

では早速始めてみます。

電源を入れたら突然語りが始まります。



何やらヒトラーの極秘文書を手に入れに行った英雄のスーパー・ジョーの行方がわからなくなったようです。
どうしたんだスーパー・ジョー。
名前だけかスーパー・ジョー。

アバンが終わるとタイトル画面です。

STARTの前のアイコンはなんなのでしょう。一瞬バグってるのかと思ってヒヤッとしました。
恐らくスーパー・ジョーを見つけに?助けに?行くついでに極秘文書を手に入れるのが目的なのでしょうか。


主人公は大尉のようです。
が、何軍なのかもわかりません。




エリア1に仲間がいるようなので行ってみます。


…なんでしょうこれは。
すごろくではないと思うのですが、順番とエリアの通し番号がバラバラで若干イラッとします。


おりるかいどうするかしかないです。
逃げられません。
おりないと始まらないので降りてみましょう。


大尉なのに単身乗り込みます。血気盛んです。


カセット画面に描かれていた金属状と思われる紐を使って上下に移動する模様です。
Bボタンでマシンガン、Aボタンで紐の模様です。

この紐がまたちょっと微妙で

この距離なら届きますが

この距離では届きません。

もうちょい!もうちょいなのに!!
とりあえず上を目指してみましょう。

敵を倒すと小さな緑色の小瓶が出てきます。
とりあえずとってみますが何が変わったのかはわかりません。
しかし兵士をやっつけて奪う小瓶。
なんだか危険な香りがします。(横のスタッフに聞いたら弾丸だそうです)

そしてここで気付きます。
ちょっとした隙間も紐で移動せねばならない。
Aは紐、Bはマシンガン。十字キーの上は紐の方向です。

大尉はジャンプ出来ません。
長年のほふく前進移動の弊害でしょうか。ジャンプの出来ない大尉。
軍の程度も知れるってもんです。身体能力高いみたいなオーラ出しておいてひどい。裏切られた。

しかしジャンプ出来ないからなのかこの金属紐はなかなか有能です。
コンクリ壁も御覧の通り。

このままずっとブラブラ揺れていられます。
永遠ブラブラ地獄。

上まで来たら入口がありました。
入ってみます。

田舎の精米所よりも大きいと思われる機械の前に立つと

なんという選択肢。
交信か盗聴か。


とりあえず盗聴します。

…エレベーターなんかなかったよ!
ここまで紐で来たのに!
それとも敵軍はジャンプ出来るのでしょうか。エレベーターあるなら言ってよ乗せてよ!!

では交信してみます。

どこのドアだよ!!!!
ドアなんかなかったよ!どこにあるの??
ドア出て右下って…!!道案内ざっくり過ぎやしませんか。

この後続けて3回ほどゲームオーバーをして、なんとか隣のビル?建物に移動できるようになったところで本日はおしまい。

 

 

後から別のスタッフに聞いたら、スーパー・ジョーは戦場の狼と元になったアーケードゲームの主人公だとか。
スピンオフ?手塚治虫的ワールドなのでしょうか。

ヒットラーの復活は箱説付きですと4000円、裸でも800円にて買取させて頂きます。
箱や説明書のないゲームも勿論買取しておりますが、箱や説明書があったものの方が高額査定となります。
お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP