ホビーライフシリーズ版ナムコゲームのすべてが入荷しました

本日は神奈川県川崎市のお客様からオールアバウトナムコやチャレンジAVG&RPGシリーズ、辰巳出版のアソコン各種を買取りさせて頂きました。お譲り頂いたオールアバウトナムコ1の表紙が珍しい事もあり、本日のブログはオールアバウトナムコ/ナムコゲームのすべて(以下AAナムコ)についてをご紹介します。

皆さんが普段見慣れているタイプのAAナムコはこちらになると思います。

こちらの写真は初版の物になり、サイズがB5の物です。この後A5サイズで再販されましたが広告が載っていない、文字が小さくて見辛い等ありますので出来れば初版で持っていたい物ですね。

このホビーライフシリーズ版は表紙カバーが付いているのが大きな特徴でしょう。めくると他のホビーライフシリーズ(AAナムコは46番)の紹介があります。BEEPでも高価買取りさせて頂いている活用研究シリーズやマイコンBASICマガジンデラックスに混じってOLのためのOA入門という書籍があるのが興味深いですね。

オールアバウトナムコは私も非常にお世話になった書籍でして、この本が無ければメトロクロスは1コインALL出来なかったかと思うと非常に熱いものがあります。その昔中野プラボというナムコ直営店で遊んでいたのですが、その時は27面まで(全32面)行ける位でした。一人淡々とあのメトロクロスのテーマが鳴り響いている中遊んでいたあの日々も今となっては懐かしい思い出です。

その後進学の都合でプラボとは疎遠になりメトロクロスも撤去されたので、数年後基板を購入し自宅でAAナムコ片手にクリアに励みました。最終面のマップ、特にクラッカージャンプの配置を食い入る様に見て「クラッカークラッカーのW飛んでM飛んでピョンピョンの缶踏んでゲート越え」というパターンを暑い夏の日に編み出したのを今でも覚えています。

また普通にクリアするだけでしたのでスコアは50万点前後でしたが、全国クラスはその2倍と聞いてスコアアタックにチャレンジせず基板を買取りに出したのを今では少し後悔しています。

AAナムコは前半がメトロクロスまでのアーケードゲームの解説と攻略ですが、後半はファミコンを含む電波製移植タイトル紹介と楽譜、ドット絵の紹介になります。

これを見ると結構X1D(3インチディスク)にタイトルを供給していて、もしかして電波新聞社はハドソンの次にソフトをリリースしていたメーカーなのかもしれませんね。

ナムコゲームのすべて/オールアバウトナムコ以外にも昔のアーケード/パソコンゲーム攻略本は引き続き高価にて買取させて頂きます。本家マイコンBASICマガジンや月刊マイコン等の電波新聞社が発行した雑誌も買取り致しますので是非一度ご相談下さい。

PAGE TOP