MSXソフト引き続き入荷中です。買い取りはお任せ下さい

本日は東京都大田区のお客様から多数のMSXソフトを買い取りさせて頂きました。

定番のプレミア系ソフトですと最近は見かけなくなったコンパイルの名作、アレスタとアレスタ2にテグザー2ファイアーホーク、SDスナッチャーなどがございます。個人的にファイアーホークはPC-8801mkIISR版、特にサウンドボードIIを積んだ時に聴くステージ5の音楽は最高だと思っていますが、MSX2のFM音源で聴く音楽も中々の出来栄えでした。こちらもCDに収録される事を願うばかりです。

またこれ以外にもカセットテープのゲームが多数入っており、は~りぃふぉっくす雪の魔王編はテープ版とROM版で2種類買い取りさせて頂きました。

同じゲームとは思えないパッケージです。ROM版は近所のキツネでも撮影したのかと思いましたが、四日市に位置するマイクロキャビンですのでその説は薄そうです。PC-8801版や6001mkII版は左のイラストなのでこの実写パッケージはMSXROM版のみでしょう。

カセットテープですと他にはハンチバックが入荷致しました。発売はトモソフトインターナショナル。

CVS(センチュリービデオシステム)にて発売されたアーケードゲームの移植の輸入版です。元からしてかなり難ありなゲームでしたが、MSXではどうなっているのか… 逸る気持ちを抑えつつテープをロードしました。

感の良い方は察しが付くかと思いますが、ゲームシステムはそのまんまピットフォールです。MSXですとわんぱくアスレチックがフォロワーとして出ていますので遊ぶならそちらをおすすめしたいです。

ピットフォールといえばこのターザンの様にロープで渡るギミックですが勿論ハンチバックにも用意されています。ちなみにこのゲームはジョイスティック専用です。本当にどういう設計してるのか理解に苦しみますが、海外のゲームをそのまま輸入してるだけっぽいので(マニュアルはローカライズされています)そういった物なのかもしれません。

ハンチバックで一番面白いのはこのパッケージ裏だと私は思いますので最後にご紹介を。

ハンチ・バックみたいなゲームをアクションゲームって言うんだ。「借金しても買うべきソフトだ!」 – MSXコンピューティング誌(英)より。

どこから突っ込んで良いのか解りませんがゲームを買う為に借金をするのはやめておいた方が良いです。

MSXは本体ソフトに周辺機器など引き続き高価買い取り中です。価格表も随時更新していますので是非とも弊店にお任せ下さい!

PAGE TOP